病は気から?スピリチュアル観点の病気と原因とは?

スピリチュアル占い-当たる占い師はココにいる!!

スピリチュアル占いで未来を無料で占う?

占い

病は気から?スピリチュアル観点の病気と原因とは?

スピリチュアルな世界では、心の異変が身体に影響されているといいます。
心に疲れが溜まっていて、病気はそのサインになるということです。

慢性的な体の疾患は、心が何かを訴えているサインかもしれません。
何かと忙しくて、ついつい心のケアを怠りがちになりますよね。

自分の身体で「疲れてくるとココが悪くなる・・・」と感じるところがありませんか?
自覚しているぶんだけ良いので、チェックしてみてください。

では、どのような意味があるのか、部位ごとにまとめてみましょう。


「目」→「注意散漫、細かいことを気にしすぎる傾向、正面から向き合わない」

「耳」→「他人の意見を聞かない、注意されるのがキライ」

「鼻」→「卑屈っぽい、すぐに落ち込みやすい」

「喉」→「言いたいことが言えない、または言い負かせようとする傾向」

「口」→「強い口調で言いすぎる、他人の悪口を言う」

「頭」→「頑固な傾向がある、自分の考えを曲げない」

「肩」→「深刻に考えすぎる、力の抜きどころが分からない」

「皮膚」→「拒絶感を感じやすい、神経質になりすぎている」

「心臓」→「生への執着、不安や恐れが強い傾向がある」

「胃腸」→「不平不満ばかり言う、解決できていないことがある」

「腎臓」→「思い残していることがある」

「肝臓」→「やりようのない怒りが溜まっている」

「腰」→「ワガママになっている、謙虚さが足りない」

「足」→「年少者への気遣いが足りない」

「関節」→「考えに柔軟性がない」

「お尻」→「行動力がない、怠けグセがある」

「生殖器」→「母性や父性の不足、慈悲の心が足りない」

「太る」→「誰かに構われたい、寂しい」

「かゆみ」→「心の葛藤、凄まじい怒り」


身体の部位ごとに説明すると、このような意味合いをもっています。
思い当たることがありましたか?

もしも「そう言われてみれば・・・」と感じたなら、それは、心が発しているメッセージです。
慢性的な場合は特に、心の中に感情が渦巻いている可能性があります。

スピリチュアル的には、身体の傷みは心の傷みと同じように捉えます。
ですから、ただの持病だと思わずに、できれば1度、今の自分について考えてみてください。

心が病んでいるのなら、いくら薬を飲んだり塗ったりしても治らないものです。
落ち着いて、普段の自分の言動を思い浮かべてください。
「病は気から」ですよ。



QLOOKアクセス解析