死を迎える瞬間?真のスピリチュアルケアとは何なのか?

スピリチュアル占い-当たる占い師はココにいる!!

スピリチュアル占いで未来を無料で占う?

占い

死を迎える瞬間?真のスピリチュアルケアとは何なのか?

スピリチュアルの世界を突き詰めていくと、最終的に「死」にどう向き合うかという問題にたどりつきます。
人はいつかこの世を去るときがきます。

心身ともに健康なときは、死について思い悩むことはあまりないでしょう。
「もしかしたら自分は不死身かもしれない!」と元気に笑っていられるものです。

ですがそれは、自分の存在が消えるときのことを考えると怖いので、無意識に拒否しているのです。

命を危ぶまれるような重い病気にかかったり、年老いて身体が思うように動かなくなってくると、人の思考回路は変わります。

「いつ死んでしまうか分からない・・・」と、これまで拒否し続けてきたことに、向き合わなくてはならなくなります。

ホスピスや末期患者の在宅ケアの現場では、スピリチュアルケアと呼ばれるものを、取り入れているところもあります。
「人間の精神をケアする」という意味ですが、死を目前にひかえた人を、精神的に支えるということほど、難しいものはありません。

欧米では、積極的にスピリチュアルケアを実践しています。
キリスト教信者が多いことから、聖書を読みながら、患者の不安や悲しみなどと向き合うケアをしているらしいです。

ですが日本では、ほとんどこの環境が整っておらず、患者は死に向かって孤独な日々を過ごすだけになっています。
これだけスピリチュアルの世界に興味をもつ人が多いのに、いざ「死」について向き合うとなると、腰が引けてしまうようです。

一時的な疲れを癒す方法はたくさんあります。
たくさんの健康法やヒーリング法を試している人は大勢いますよね。

心と身体が休まり、明日への活力が湧いてくるのは素晴らしいことです。
ただ、それも「明日」があると確信しているからできること。

ベッドに横たわり、居眠りをしたら、もう2度と目を覚まさないかもしれないと考えたら、どのようなヒーリングを受けても効果が感じられないでしょう。

死と隣り合わせの人に、精神的ケアをすることが、どれほど大変なことなのかを理解してもらえるでしょうか。
そして、とても重要だということに気がついてもらえたでしょうか。

人間が本当にスピリチュアルな世界を知るときは、死を迎える瞬間なのかもしれません。

あの世へと一歩足を踏み入れたときに、ようやくスピリチュアルとは何だったのかを、理解できるような気がするのです。

死を意識した瞬間から、その人は、これまでの人生を振り返るようになるといいます。
しかし、それでは遅すぎるのです。

元気でいる間に、時々、自分の人生を振り返るようにしましょう。
そのために、今、スピリチュアル思考が広く浸透しているのですから。

「死」を学び「死」を恐れない生き方をすることが、自分にとって最大のスピリチュアルケアになると思います。

QLOOKアクセス解析